MAINTENANCE

その靴、汚れていませんか?

玄関で脱いだ靴、ふと見ると汚れてる…
砂ぼこり、泥ハネ、雨ジミ。
なんとなくツヤもなくなって、
なんだかくたびれた感じ。
でも、めんどくさいから見て見ぬふりしちゃおう…
なんてこと、みなさんも心当たりあるのでは?

「第一印象は靴が命」とも言われるくらい、
靴って意外と人に見られているもの。
靴のお手入れは大人のたしなみ。
いつも靴がきれいな人って、
清潔感があって素敵ですよね♪

愛用のスピングルをお手入れしよう

靴は正しくお手入れをすれば寿命が格段に延び、長く履いて頂けます。
スピングルユーザーにも、こまめにお手入れをして何年も愛用してくれている方がたくさん!
特に革素材は、お手入れをすればするほど革に味が出てかっこよくエイジングしてくれるから、お気に入りの靴にも一層愛着がわきますよ。
見違えるようにきれいになったスピングル、次に履く楽しみが倍増しますね!

革スニーカーのお手入れ手順

1.水滴を拭きとる

靴が濡れてしまった場合は、乾いたタオルで全体を拭きましょう。
上から抑えるようにポンポンと優しく。
シューレースは外しておきましょう。

2.乾燥させる

靴の内側も湿っているなら、新聞紙等をつめて水気を取ります。
これを2~3回繰り返してから、玄関先などで陰干ししましょう。

3.ブラッシング

靴が乾いたら、毛の柔らかいブラシでホコリや泥をかき落としましょう。
落ちにくい縫い目やシワになっている部分、見落としがちなヒール部分も丁寧にブラッシング。

4.汚れ落とし

靴に汚れが付いたままにしておくとカビの原因に!
クリーナーを柔らかい布に少量とり、表面の汚れをオフしましょう。
ベロやソールの境目など細かい部分まで丁寧に。
ゴシゴシこすらず、くるくる円を描くようにするのがポイントです。

シュークリーナーはこちら

5.栄養補給

クリームは革を保湿して潤いを与えひび割れを防ぎ、靴に美しい質感が蘇ります。柔らかい布にクリームを少量とり、薄くのばしながら全体に塗布します。

カンガルーレザー専用クリームはこちら オイルワックスレザー専用クリームはこちら

6.防水スプレー

お手入れの仕上げは防水スプレー。
缶をよく振り、10~15cmほど離して表面が軽く濡れる程度にスプレーしましょう。
汚れが付きにくくなる効果もあります。

防水スプレーはこちら

7.靴を休ませる

1日履いた靴は、お手入れ後であっても翌日履くのはNG。
別の靴でお出かけしましょう。
1日歩くと足はコップ一杯分の汗をかくとか!
完全に湿気が取れるまで靴を休ませることが、長持ちの秘訣です。

スピングル オリジナルシューケアグッズ 一覧

SPA-602 Natural

シュークリーナー デイリーケア マイルドタイプ
1,000円(税別)

皮革に付着した汚れをきれいにオフ。
表面に保護膜を形成し汚れを付きにくくします。

商品ページはこちら

SPA-601 Natural

カンガルーレザー専用クリーム
1,200円(税別)

クリームに含まれているワックスの皮膜で
カンガルーレザーを細かなキズから守ります。
保湿効果でひび割れ・カサつきを抑えます。

商品ページはこちら

SPA-603 Natural

オイルワックスレザー用クリーム
2,000円(税別)

油分を多めに含んだクリームでオイルワックスレザーに油分を補給します。
保湿効果でひび割れ・カサつきを抑えます。

商品ページはこちら

SPA-621 Natural


防水スプレー
1,500円(税別)

靴の表面に防水効果を与えるスプレー。
雨や水を弾くだけでなく、汚れがつきにくく落としやすくなる効果もあり。

商品ページはこちら

SPA-631 Natural

スタンダードシューケアセット
3,600円(税別)

一家に一つおいておきたいシューケアセット。
プレゼントにもおすすめです。

【セット内容】
・SPA-601 Natural カンガルーレザー専用クリーム×1
・SPA-602 Natural シュークリーナー デイリーケア マイルドタイプ×1
・靴ブラシ(馬毛)×1
・クロス(300mm×98mm)×2

商品ページはこちら

所要時間: 1時間.

革スニーカーのお手入れ手順

  1. 水滴を拭きとる

    靴が濡れてしまった場合は、乾いたタオルで全体を拭きましょう。
    上から抑えるようにポンポンと優しく。
    シューレースは外しておきましょう。

  2. 乾燥させる

    靴の内側も湿っているなら、新聞紙等をつめて水気を取ります。
    これを2~3回繰り返してから、玄関先などで陰干ししましょう。

  3. ブラッシング

    靴が乾いたら、毛の柔らかいブラシでホコリや泥をかき落としましょう。
    落ちにくい縫い目やシワになっている部分、見落としがちなヒール部分も丁寧にブラッシング。

  4. 汚れ落とし

    靴に汚れが付いたままにしておくとカビの原因に!
    クリーナーを柔らかい布に少量とり、表面の汚れをオフしましょう。
    ベロやソールの境目など細かい部分まで丁寧に。
    ゴシゴシこすらず、くるくる円を描くようにするのがポイントです。
    シュークリーナーはこちら

  5. 栄養補給

    クリームは革を保湿して潤いを与えひび割れを防ぎ、靴に美しい質感が蘇ります。柔らかい布にクリームを少量とり、薄くのばしながら全体に塗布します。
    カンガルーレザー専用クリームはこちら 
    オイルワックスレザー専用クリームはこちら

  6. 防水スプレー

    お手入れの仕上げは防水スプレー。
    缶をよく振り、10~15cmほど離して表面が軽く濡れる程度にスプレーしましょう。
    汚れが付きにくくなる効果もあります。
    防水スプレーはこちら

  7. 靴を休ませる

    1日履いた靴は、お手入れ後であっても翌日履くのはNG。
    別の靴でお出かけしましょう。
    1日歩くと足はコップ一杯分の汗をかくとか!
    完全に湿気が取れるまで靴を休ませることが、長持ちの秘訣です。