修理(補修)可能/不可の目安(アウトソールの場合)

下記の画像の修理(補修)可能な範囲の商品でも、実際に現物を確認した段階で修理出来ない場合もありますので、その際はご了承下さいませ。
ゴム材以外の素材が見えている場合は修理不可となります。(修理底材の接着強度が保障できなくなる為)

○ 修理可能

○ 修理可能

△ 現物確認

△ 現物確認

× 修理不可

× 修理不可

修理(補修)後のイメージ

アウトソールを貼り直すことは出来ませんので、摩耗した部分に新しいゴム材を貼り付ける修理になります。
尚、靴底の修理(補修)場所はつまさきより約2cmの残したところからかかとまでとなります。

修理(補修)後のイメージ かかとのみ

かかとのみ

修理(補修)後のイメージ オールソール(つま先~かかと)

オールソール(つま先~かかと)

修理(補修)後のイメージ ライニング

ライニング

修理(補修)までの流れ

修理(補修)までの流れ 取扱店に依頼
修理(補修)までの流れ 問い合わせフォームで依頼

修理(補修)問い合わせフォーム

お名前、E-mailなど*が付いている必須事項を全て入力し送信ボタンを押して下さい。

  1. ※日中連絡が取れる番号
    • 両足アウトソール「かかとのみ」修理
    • 両足かかと部分芯カウンター交換
    • 両足アウトソール「つま先〜かかとまで」修理
    • フォクシングテープ接着
    • 両足かかと部分ライニング(内張り)張り替え
    • インソール交換
    • ファスナー交換
    • その他
  2. なるべく具体的にお願いいたします
  3. ※アップできる画像のサイズは3MBまでです。
    ※修理希望箇所の状況がわかるように別々の角度の写真2枚をアップください。
    <写真例:ソール修理>
    ソール修理写真例ソール修理写真例